減少する酵素

 

減少する酵素

酵素は減少する?

筋肉の動きを助けたり、消化、血液の循環をサポートしたりと大活躍の酵素ですが、年齢を重ねるとともに活性(化学反応の起こりやすさ)が低下し酵素も減少。その影響で身体の様々な部位に不調をきたすようになってしまいます。

 

具体的には40代の頃から急激に減少するので、これが「若い頃のように無理はできなくなった」との原因とも言われています。

 

減少した酵素は当然体外から摂取しなければいけないのですが、現在の食生活においては酵素が含まれている食べ物を口にする機会がほとんどないと言われています。

 

例えば酵素が豊富に含まれているものとして

 

キャベツ・大根・やまいも・レタス・人参・セロリ・トマト

 

等が上げられますが、50℃以上の熱で壊れてしまう、つまりは調理の過程で失われてしまうので、いかに食べ物から酵素を摂取するのが難しいのかが推察できますね。

 

そのような体外から摂取しにくい酵素を、酵素ドリンクなどで手軽に摂取し、体調維持やダイエットに利用しようとして、各メーカーから様々な種類の商品が発売されているわけです。

ホーム


ホーム RSS購読 サイトマップ